投稿

4月, 2009の投稿を表示しています

お花見バーベキュー

イメージ
4月18日(土)、場所は黒部市石田にある大島キャンプ場にてお花見バーベキューが開かれました。 この日は、とっても良い天気で日差しが照りつけ暑いくらいでした。 「お花見」といっても、桜の花は無い場所だったのですが、皆お酒やジュースを飲みながら日頃の疲れを発散していました\(^o^)/ 鉄板では、肉、野菜、焼きそばなどを焼いていたのですが、 空からトンビが低空飛行で肉を狙ってくるというハプニングもあり…。 美味しそうな匂いに誘われてやってきたのでしょうか(^-^;) ビンゴゲームをしたりして大盛り上がりのお花見バーべキューになりました。 以下はその様子です。

第1回 IT活用セミナー報告

イメージ
菅野印刷興業株式会社 主催 100年に一度のチャンスを勝ち取るためのIT活用セミナー 平成21年4月3日(金) 13:30~16:30 技術専門学院 新川センター  春らしい晴天に恵まれた4月3日(金)、富山県黒部市の技術専門学院新川センターにおいて、菅野印刷興業株式会社主催「100年に一度のチャンスを勝ち取るためのIT活用セミナー」を開催しました。  講師としてお招きしたのは、株式会社インターロジック代表取締役、原田光治氏です。  本セミナーでは、100年に一度といわれる不況のなか、ビジネスにおいてインターネットが大きな影響力を持つようになっていること、企業活動に不可欠な存在となっていることを、多くの実例を引きながら講演いただきました。  セミナーの内容を簡単ですが以下にまとめましたので、ご参考にしていただければ幸いです。今回残念ながらご参加いただけなかった皆様にも、この内容をご覧いただき、次回セミナーのご参加を是非ともご検討いただきますよう、お願い申し上げます。 はじめに  主催者あいさつ  100年に一度といわれる不況のなか、従来のビジネスモデルが通用しなくなってきています。当社は印刷業を核としていますが、情報産業の一翼を担っており、数年前からITについての勉強を続けてきました。経営者と社員が一丸となってITを活用し、挑戦し続ける会社のみが、成長していけます。今までと同じではなく、自らの意志で「変革」していくことが必要です。本日お集まりのみなさんと、ともに地元の発展のため勉強していきたいと思います。 1.新しいルール ───変革の時代、インターネット以外に商売を大きくする方法はない 100年に一度のチャンス  現在、100年に一度の不況といわれていますが、1929年の世界恐慌とは大きく異なります。世界恐慌は経済基盤が脆弱だったために起こったものですが、今の不況はまったく違う様相を呈しています。  世の中を見てみると、すべての企業が業績を悪化させているわけではなく、伸びている企業とそうでない企業が明確に分かれてきています。ユニクロやマクドナルドは好調です。不況なのではなく、ルールが変わってきていると捉えるべきなのです。  100年前とルールが変わった、つまり「インターネットがビジネスに大きな影響を与えるようになった」という

春のクリーン大作戦

イメージ
4月2日に「春のクリーン大作戦」を行いました! これは、春と秋の年2回、黒部まちづくり協議会の呼びかけで市内企業が一斉に実施しているものです。 当社でも毎回、会社周辺や道路沿いなどのゴミ拾いをしています。 道ばたにはいろいろなゴミが落ちていて、いつものことながら結構たいへんでした。 特に会社の横を走っているスーパー農道沿いは、車の往来が多いせいか、たくさんのゴミがあり、時にはびっくりするほど大きなものも落ちています。一番多いのはタバコの吸殻。空き缶・ペットボトルも多いです。 当日の朝はかなり冷え込み、寒いなかでの作業となりましたが、みんなで協力してキレイにすることができました。